今買いたい大化け候補銘柄 11月30日

ラクーン <3031>
19年4月期上期(5-10月)の連結経常利益は前年同期比28.4%増の2.6億円に伸びて着地。主力の卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」の海外流通額が拡大し、システム利用料が増えたことが寄与。決済サービス「Paid」の取扱高増加などでフィナンシャル事業の収益が伸長したことも大幅増益に貢献した。

デイトナ <7228>
18年12月期の連結経常利益を従来予想の4.8億円→5.5億円に15.1%上方修正。増益率が27.0%増→46.1%増に拡大し、従来の2期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。為替の安定推移を背景に、国内拠点卸売事業で海外仕入れ商品の採算が改善することが上振れの要因。
予想PERが9.6倍→8.2倍に低下し、割安感がさらに強まった。

秋川牧園 <1380>
19年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常損益は200万円の赤字(前年同期は4200万円の黒字)に転落し、従来の1100万円の黒字予想から一転赤字で着地。併せて、通期の同利益を従来予想の1億3500万円→1億0500万円(前期は1億2800万円)に22.2%下方修正し、一転して18.0%減益見通しとなった。会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比24.4%増の1億0700万円に伸びる計算になる。直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常損益は1300万円の赤字(前年同期は2400万円の黒字)に転落し、売上営業損益率は前年同期の0.1%→-1.1%に悪化した。

今買いたい大化け候補銘柄 11月26日

 エイジス <4659>
19年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比19.2%増の17.9億円に伸びた。
併せて、通期の同利益を従来予想の35.4億円→36.5億円(前期は33億円)に3.1%上方修正し、増益率が7.0%増→10.3%増に拡大し、従来の4期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比2.9%増の18.5億円に伸びる計算になる。
直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比17.8%増の14.4億円に伸び、売上営業利益率は前年同期の16.6%→19.2%に上昇した。

アール・エス・シー<4664>
前週初にストップ高に買われる人気となり、その後も利益確定売りをこなして上値指向を続けていたが、2025年の万博が大阪に決定したことで法人向けの警備事業を手掛ける同社株も関連株として物色人気に拍車がかかっている。同社は警備業界トップのセコム<9735>と提携しており、今後の業容拡大効果が期待されている。なお、きょうはセコムも堅調な値動き。

京阪ホールディングス <9045>
19年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比9.7%増の162億円に伸び、従来の1.0%減益予想から一転して増益で着地。
併せて、通期の同利益を従来予想の280億円→296億円(前期は296億円)に5.7%上方修正し、減益率が5.5%減→0.1%減に縮小する見通しとなった。
会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比10.0%減の133億円に減る計算になる。
直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比13.0%減の59.3億円に減り、売上営業利益率は前年同期の9.5%→8.9%に悪化した。

今買いたい大化け候補銘柄 11月23日

<6064> アクトコール
光通信<9435>と資本業務提携に関する基本合意書を締結したと発表。光通信はアクトコールの筆頭株主であるエフォートから192万0800株(議決権所有割合25.00%)を市場外の相対取引で取得する。また、光通信グループに提供している緊急駆けつけサービスなどの販売促進に加え、決済代行サービスの同グループへの提供、同グループのサービスをアクトコールの顧客へ販売することで提携する。

<3486> グローバルリンク
12月13日に上場市場が東証第1部に変更されると発表している。市場変更の形式要件の充足のため、立会外分売を実施する。予定株数は30万2000株、予定期間は12月7-11日。また、株主優待制度を導入するとともに市場変更に際し記念株主優待を行う。優待制度では12月31日現在の株主を対象に物件のリリースパーティー無料招待券を贈呈し、特別優待価格で販売する。記念優待では5000 円分のQUOカードを贈る。

日産自動車<7201>
金融商品取引法違反の容疑によりカルロス・ゴーン会長が19日に逮捕されたことを受け、20日の株価は急落したが、21日に続きこの日と株価は反発している。仏ルノーと三菱自動車<7211>を含む3社連合の行方に不透明感が出たことが警戒されているが、短期的には業績に対する直接の影響は見込まれていないほか、配当利回りは5.9%前後の水準にあり「さすがに割安感が強い」(アナリスト)との見方が出ている。

<2928> RIZAPーG
19日につけた年初来安値248円をボトムとした戻り局面が続き、直近の価格帯別売買高で商いが集中するレンジの250-300円を明確に上抜けた。これにより、前述のレンジ上限である節目の300円処がサポートラインとして意識されており、本日はこちらに近づくと積極的な押し目拾いの動きもみられている。急降下していた短期線の5日移動平均線の角度も緩やかになりつつあり、目先は同線の反発も視野に入ってこよう。