今買いたい大化け候補銘柄 4月11日

2018/04/10 23:50

ドーン<2303>
18年5月期の第3四半期累計(17年6月~18年2月)営業利益が前年同期比67.8%増の1.00億円になったと発表している。通期予想は1.50億円(前期比20.0%増)。受託開発や防災関連クラウドサービス利用料収入の増加などが寄与した。同社は顧客の決算期が集中する第4四半期に売上が偏る傾向にある。前期の営業利益推移は第3四半期までの0.60億円から通期1.25億円と倍増しており、業績の上方修正期待が高まったようだ。

シグマ光機<7713>
18年5月期第3四半期累計(17年6月-18年2月)の連結経常利益は前年同期比61.3%増の12.1億円に拡大し、通期計画の13.1億円に対する進捗率は92.8%に達し、5年平均の80.1%も上回った。会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した3-5月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比66.7%減の0.9億円に大きく落ち込む計算になる。

メディアリンクス<6659>
同社は9日の取引終了後、放送局向けIPベースの放送局内素材交換システム「IPビデオルータシステム」を、東海テレビ放送の回線センター設備として納入したと発表しており、業績への貢献を期待した買いが入っている。また、この日には、米国で音声、データ、動画のネットワークソリューションを提供するRCNビジネス(ニュージャージー州)が提供を開始する、革新的かつ便利なコスト効率の優れた映像伝送サービスに採用されたと発表しており、あわせて好材料視されている。