今買いたい大化け候補銘柄 9月25日

日本オラクル <4716>
19年5月期第1四半期(6-8月)の経常利益(非連結)は前年同期比11.0%増の135億円に伸びて着地。データ利活用や業務効率化ニーズが高まるなか、クラウドサービスとソフトウェアライセンスを組み合わせた大型案件を複数受注し、2ケタ増収を達成したことが寄与。

 TATERU<1435>
従業員が建設資金の借り入れ希望者の預金通帳を改ざんし、銀行に融資の申請をしていたことが問題となっていたが、同社は前週末14日に再発防止策を発表しており、この日はいったん買い戻しが優勢となっている様子だ。株価は不正発覚前の8月31日の終値(1606円)からの13日安値327円まで下落率は約80%に達していたが、この日はリバウンド狙いの買いが流入している。

 エフ・シー・シー<7296>
東海東京調査センターが20日付で、投資判断「アウトパフォーム」を継続し、目標株価を3680円から3900円へ引き上げたことが好材料視されているようだ。同センターでは、フォードやGM向けAT(自動変速機)用クラッチでは量産が進むにつれて収益が拡大中であり、そのペースは同センターならびに会社側想定を上回ると評価。また、米国での先行投資は本格的な回収期に入ったと見込まれるとしている。

富士紡ホールディングス <3104> 
旧村上ファンド関係者が運営する投資会社エフィッシモ キャピタル マネージメントが21日付で財務省に提出した大量保有報告書によると、エフィッシモの同社株式保有比率は6.54%となり、新たに5%を超えたことが判明した。

今買いたい大化け候補銘柄 9月19日

アサヒ衛陶<5341>
同社はきょう、ベトナム子会社の「VINA ASAHI」が、現地大手不動産各社とトイレなどの衛生陶器および住宅設備機器について、多くの大口案件の納入が決定していることを明らかにした。
主な納入先として、CAT TIGER KHAREAL社(本社:ニャチャン市)が手掛けるNHA TRANG HOTEL(19年5月竣工予定)の第1期工事1300戸分などが確定している。

<3139> ラクトJPN 
ストップ高。SMBC日興証券では投資判断を「1」、目標株価を9000円に新規に設定。構造的にトップライン成長を実現できる食品株では稀有な会社であると評価している。世界的に乳原料の需給がひっ迫する中、多様なサプライヤーと強い関係を構築し、安定的に乳製品を供給できる状況をポジティブ視。また、暑さから乳製品を自給できない東南アジアは日本以上の成長ポテンシャルがあり、その展開力にも期待しているようだ。

<4666> パーク24 
先週末にかけて7日続伸し過熱警戒感が高まるなかで2016年7月高値に接近しており、利食い売り圧力が強まる状況に。先週末には8月の月次動向を発表、売上高は前年同月比6.3%増と好調を持続、売上総利益は同13.5%伸びて今期に入って最高水準、カーシェアリングサービスも順調に拡大している。ただ、サプライズまでには至らず、当面の材料出尽くし感にもつながる。

今買いたい大化け候補銘柄 9月14日

石井表記 <6336> 
19年1月期上期(2-7月)の連結経常利益は前年同期比5.2%増の6.4億円と、従来の50.2%減益予想から一転して増益で着地。プリント基板製造装置の高付加価値品やインクジェットコーター向け消耗品の売上拡大に加え、ディスプレー・電子部品で自動車向け印刷製品なども伸び、好採算品の売上構成比率が上昇したことが寄与。併せて、通期の同利益を従来予想の9.1億円→11.1億円に20.8%上方修正。減益率が28.1%減→13.2%減に縮小する見通しとなった。業績回復を踏まえ、従来無配としていた今期の年間配当を10円実施し、9期ぶりに復配する方針とした。

ヤーマン <6630>
19年4月期第1四半期(5-7月)の連結経常利益は前年同期比38.6%増の22.5億円に拡大して着地。免税店や中国向けに自社開発の美顔器をはじめとする美容健康機器の販売好調が継続し、24.9%の大幅増収を達成したことが寄与。ブランディングのための投資効果が表れた。上期計画の26.3億円に対する進捗率は85.4%に達しており、業績上振れが期待される。併せて、58万株(金額で10億円)を上限とする自社株買いの実施を発表。

TATERU<1435>
株価は一時、前日に比べ18.4%高となる399円まで買われた。建設資金の借り入れ希望者の預金通帳を改ざんし、銀行に融資の申請をしていたことが表面化。今月3日から下落が続き、反発すれば不正発覚後、初の上昇となる。この日は朝方には一時、327円まで値を下げる場面があり、不正発覚前の8月31日の終値(1606円)からの下落率は約80%に達した。投信など機関投資家による保有株売却の観測も強いなか、目先底入れした場合、どこまでのリバウンドがあるかが注目されている。

今買いたい大化け候補銘柄 9月12日

グッドコムA <3475>
18年10月期第3四半期累計(17年11月-18年7月)の連結経常利益は前年同期比2.1倍の13.4億円に急拡大して着地。国内不動産販売会社向けに投資マンションの販売が大きく伸びたことが寄与。不動産管理戸数が増加したことも大幅増益に貢献した。
通期計画の15.1億円に対する進捗率は89.1%に達しており、業績上振れが期待される。

ミサワ <3169>
19年1月期第2四半期累計(2-7月)の連結経常利益は前年同期比2.8倍の2億0400万円に急拡大し、従来予想の9400万円を上回って着地。
ただ通期計画の1億8100万円に対する進捗率が112.7%とすでに上回ったが、5年平均の122.1%を下回った。
会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した8-1月期(下期)の連結経常損益は2300万円の赤字(前年同期は1億6500万円の赤字)に赤字幅が縮小する計算になる。

<6927> ヘリオステクノ
連結子会社フェニックス電機が、国立研究開発法人の産業技術総合研究所、サイアロンなどと協力して、近紫外から近赤外光の広帯域の波長を有するLED素子を開発したと発表。極めて広い波長の光を発し、かつ発光波長や強度が安定な新しい光源の実現はこれまで強く切望されていたもので、今後、医療・分析・科学計測から民生機器などの極めて広範な産業分野において普及が期待される状況に。

今買いたい大化け候補銘柄 9月12日

シーイーシー <9692> 
19年1月期上期(2-7月)の連結経常利益は前年同期比53.2%増の25.5億円に拡大して着地。製造分野・公共分野を中心にIT投資が活発化し取引が拡大したことに加え、工場設備の稼働監視システムなどのスマートファクトリー関連やセキュリティサービスの導入が進んだことが寄与。前期に発生した不採算案件の収束や生産性の向上なども大幅増益の要因となった。業績好調に伴い、通期の同利益を従来予想の42億円→47.5億円に13.1%上方修正。増益率が10.0%増→24.4%増に拡大し、従来の16期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。併せて、上期配当を従来計画の24円→30円(前年同期は20円)に増額修正した。

ファーマF <2929>
18年7月期の連結最終利益を従来予想の2億円→3.1億円に56.5%上方修正。増益率が98.0%増→3.1倍に拡大し、5期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。機能性素材事業と通信販売事業の業績が堅調に推移する中、繰延税金資産の追加計上に伴い、税金費用が減少したことが最終利益を押し上げた。

ホギメデ <3593> 
19年3月期の連結最終利益を従来予想の54.5億円→69.8億円に28.1%上方修正。増益率が3.6%増→32.6%増に拡大し、3期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。保有する朝日インテック <7747> [東証2]株式の一部を売却することに伴い、売却益約40億円が発生することが最終利益を押し上げる。

今買いたい大化け候補銘柄 7月30日

邦チタ <5727> 
19年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比62.4%増の13.8億円に拡大して着地。航空機向けや電力向けに主力の金属チタンの出荷が伸び、16.5%の大幅増収を達成したことが寄与。円安進行で為替差益が増加したことも利益を押し上げた。円安効果などを踏まえ、通期の同利益を従来予想の36億円→44億円に22.2%上方修正。増益率が3.1%増→26.0%増に拡大する見通しとなった。第2四半期以降の想定為替レートを1ドル105円→110円と円安方向に見直した。

コマツ <6301> 
19年3月期第1四半期(4-6月)の連結税引き前利益は前年同期比93.2%増の929億円に拡大して着地。北米やアジアを中心に建設機械の旺盛な需要を取り込んだうえ、半導体露光装置用エキシマレーザーなどの販売も伸びたことが寄与。昨年4月に子会社化した子会社に係る一時費用が減少したことも大幅増益の要因となった。

三社電機 <6882>
19年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比2.8倍の5.6億円に急拡大して着地。リチウムイオン電池の電極向け銅箔用電源や小型組込電源の販売が好調だったことが寄与。半導体事業で製品構成が良化したうえ、生産性の向上が進んだことも大幅増益に貢献した。業績好調に伴い、上期の同利益を従来予想の6.5億円→7.8億円に20.0%上方修正。増益率が13.0%増→35.7%増に拡大する見通しとなった。

今買いたい大化け候補銘柄 7月17日

ブイキューブ <3681>
コニカミノルタ <4902> と協働でインフラ・建設業などの働き方改革を推進する遠隔作業ソリューションの先行販売を開始。コニカミノルが開発したメガネ型ウェアラブル端末「WCc」に、同社の遠隔作業支援ソリューション「Smart Eye Sync」を搭載する。また、18年12月期第3四半期に投資有価証券売却益5100万円を特別利益に計上する

インターアクション <7725>
発行済み株式数(自社株を除く)の0.45%にあたる4万2700株(金額で5000万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は7月17日から8月16日まで。

オロ <3983>
シンガポールとマレーシアでデジタルマーケティングを展開するCrossfinity Digital Asiaの全株式を取得し子会社化する。

メディアドゥホールディングス <3678>
非開示だった今期経常は13%増で6期連続最高益更新へ。提携先であるメディバンの韓国事業展開加速に向け、韓国大手電子書店「YES24」と包括提携を開始。

住江織物 <3501>
今期経常は42%増益へ。

今買いたい大化け候補銘柄 7月9日

ベステラ<1433>
同社はプラント解体工事を手掛けており、業績は化学プラントの繰り越し工事の進捗で堅調な推移が見込まれている。6日取引終了後に日立プラントコンストラクションと原子力発電設備解体事業で業務提携したことを発表、これが株価を強く刺激する格好となった。株価は6月中旬以降大きく下押したが、前週5日の年初来安値1227円がダメ押しとなり、目先底入れ反転の動きとなっている。

<4523> エーザイ
バイオジェン・インクと、抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体BAN2401の早期アルツハイマー病856人を対象としたフェーズ2試験において、設定していた重要なエンドポイントを達成するトップライン結果を取得と発表している。過去にクレディ・スイス証券では、フェーズ3へ進むという方針が発表されればポジティブサプライズとも指摘していた。

ファーストブラザーズ <3454>
6日大引け後に発表した18年11月期上期(17年12月-18年5月)の連結経常利益が前年同期比71.0%増の28.5億円に拡大して着地したことが買い材料視された。ポートフォリオの入れ替えに伴う賃貸不動産の売却で、不動産売却益が大きく膨らんだことが寄与。通期計画の44.5億円に対する進捗率は64.0%に達しており、業績上振れを期待する買いが向かった。

今買いたい大化け候補銘柄 7月4日

放電精密加工研究所 <6469>
19年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常損益は2.6億円の黒字(前年同期は0.5億円の赤字)に浮上して着地した。
併せて、3-8月期(上期)の同利益を従来予想の3.2億円→4.5億円(前年同期は0.6億円)に41.7%上方修正し、増益率が5.1倍→7.2倍に拡大し、10期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しとなった。

<6047> Gunosy 
先週末に収益予想の下方修正を発表したが、昨日は短期的なあく抜け感も強まって大きく上昇した。ただ、本日は三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を「ニュートラル」から「アンダーウェイト」に格下げしており、一転して売りが優勢の展開に。ニュースパスとLUCRAが前5月期に会社計画通りの推移にとどまったことはネガティブと判断、22.5期までの営業増益率は1ケタ台にとどまると予想。

<7462> ダイヤ通商 
サービスステーションのSSヨンク大塚(東京都豊島区)を譲渡すると発表している。譲渡益は6.50億円、物件引渡日は19年3月29日。19年3月期第4四半期決算で固定資産売却益6.50億円(概算額)を特別利益として計上する予定。

今買いたい大化け候補銘柄 7月3日

<8892> 日本エスコン
先週末に前12月期の通期業績予想を上方修正している。営業利益は従来予想の99億円から113億円に上方修正、不動産販売事業が好調に推移しており、当初計画よりも利益率が高まる見通しになったとしている。従来の通期計画に対して第1四半期の増益率は低水準であったため、上方修正にはポジティブなサプライズが先行へ。また、年間配当金も従来の20円から26円に引き上げている。

<8086> ニプロ
札幌医科大学と共同開発を進めている「脊髄損傷の治療に用いる自己骨髄間葉系幹細胞」を、厚生労働省に再生医療等製品として製造販売承認申請を行ったと発表している。先駆け審査指定制度の対象であり、申請までのハードルは高いが承認までの期間は短くなる。ジェフリーズ証券では、ベストシナリオにおいては数年後に営業利益で数十億円の試算も可能で、今回の発表の意味は大きいとしている。

<4587> PD 
同社の設立に参画し、同社が全ての特許技術の使用権を有している菅東大教授が6月30日付で同社取締役を退任と発表している。菅教授は他大学との共同研究の成果を活用し、新しい会社を設立するもようである。同社への貢献度が大きかったとみられる菅氏の退任を受けて、今後の影響懸念などが先行する状況であるようだ。米メルクとPDPSの非独占的ライセンス許諾合意に関しては、反応が限定的になっている。