今買いたい大化け候補銘柄 4月6日

オウケイウェイヴ <3808>
18年6月期の連結経常利益を従来予想の2.7億円→9.5億円(前期は1.8億円)に3.5倍上方修正し、増益率が48.4%増→5.2倍に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。
会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した1-6月期(下期)の連結経常利益も従来予想の1.8億円→8.6億円(前年同期は1.4億円)に4.7倍増額し、増益率が30.0%増→6.2倍に拡大する計算になる。

シノケングループ<8909>
同社は4日の取引終了後、6月30日を基準日として1対2株の株式分割を実施すると発表しており、これを好材料視した買いが入っている。投資単位あたりの金額を引き下げることで、株式の流動性の向上と投資家層の一層の拡大を図るのが狙いという。なお、効力発生日は7月1日。

<2702> マクドナルド
3日続伸で年初来高値更新。3月の月次動向を発表している。既存店売上高は前年同月比10.0%増となり、前月(同5.2%増)から伸びが加速した。プラスは28カ月連続。全店売上高も同9.7%増となっている。新商品「はみだすハムてりたま」を販売したほか、午後5時からの新サービス「夜マック」を開始。スイーツや家族向け商品「ハッピーセット」も好評だった。順調な売上拡大が好感され、買い優勢となった。

4月5日の仕手株銘柄予想

ブライトパス・バイオ<4594>
機関が株価を下げようと思ったら定期的に上げたところで大量売りを入れるだろう。何度も下げをくらうと大衆は「もう駄目だ。上がらない」という強い印象を受ける。人は最初から下げているよりも、一旦上げた後に下げた方が心理的ダメージは大きいから。そして更に失望売りを誘い下げる事ができる。機関はそういった心理戦を熟知している。

楽天<4755>
今年に入ると、楽天 <4755> が1月、米小売り大手のウォルマート・ストアーズと日本でネットスーパーを展開すると発表した。ウォルマート傘下の西友(東京都北区)と「楽天西友ネットスーパー」を協働運営することを目的とした新会社を設立し、18年12月期第3四半期(7-9月)にサービスを開始する予定。このネットスーパーでは生鮮食品や日用品のほか、楽天のサイトで扱う地域産品などを取り揃え、ビッグデータやAI(人工知能)を活用して顧客に最適な商品を提案する考えだ。

<6095>メドピア
まさに落ちるナイフですね。デイの売りで300ほど抜かせていただいています。これからは上もある可能性があるので売りは手仕舞い。またストップ高の際に参戦予定。
ここはケアネットに毛が生えたくらいの実力なので、現状1100くらいが底かと。